猫リュックおすすめ16選!キャリーに人気のアイテムを大公開

猫のリュックサックのおすすめ
Pocket

おしゃれな猫用リュックが盛りだくさん

かわいい猫用のリュックサック

出典:adventurecats.org

猫のリュックは普段のおでかけはもちろん、病院への通院や旅行にも非常に役立ってくれます。サイズの大きなキャリーリュックは猫のくつろぎスペースになるだけでなく、飼い主さんも負担も軽減してくれるでしょう。
災害等の緊急時等飼い主さんの両手が空くのも大きな魅力。おしゃれなリュックも増えてきているのでぜひ参考にしてみてください。

猫用のキャリーリュックをご紹介

この宇宙船カプセルは素材、通気性、便利性においてアップグレードされました。9個の通気孔がそれぞれ透明ドーム、バッグの左右に3つずつ付けられていてペットが快適に中にいられます。バッグのサイドにポケットがありペットボトルの水やペットにおやつを入れておくと便利です。
・サイズ:32×26×40cm

ミニ〇ンもどき(?)でとても可愛いです。これに猫を入れて動物病院に行くと、周りからの注目の的になって少しいい気持ちになりますw

このペット バッグ はクリアな窓がついているため、ペットは外の様子を存分に眺めることができます。 空気を取り込むための通気孔などがあり、ペットたちが快適に過ごせますよ。

実に使ってみると想像以上に可愛かったです。3キロの猫ちゃんを入れてみたら面白い 笑笑宇宙カプセル見たい!担いで散歩に連れて行きたいですね!

改良型機能性UPペットキャリー登場!お出かけに便利な猫用キャリーバッグです。撥水力強くなり、軽くて丈夫で持ちやすい!
・サイズ:25×18×42cm

まであったキャリーはそれ自体が重くて大変でしたが、これは猫を入れても軽かったです。上の口もしっかり開いて猫ちゃんの出し入れも問題なかったです。中にペットが入っているのは、ネット部分を良く見ないとわからない作りになっているので良かったです。

クリアな窓がついているため、ペットは外の様子を存分に眺めることができます。ユニークな外観で、宇宙飛行士のようなペットたちの様子を見て、可愛すぎて気持ちも良くなります。

目立ちたがりの人にはおすすめです!
これ背負って歩いてるとかなり見られてるのがわかりますし時々声もかけられます。
かかりつけの病院の先生にも可愛いですねと言ってもらえました!

上が大きく開いて出し入れしやすく、体に沿う形状で前に抱えて使うこともできるリュックタイプ。左右と上にある通気性のあるメッシュ窓付。カバーは、ロールアップが可能。また、クッション性のある2重中敷で移動中も安定し、猫ちゃんも快適。中敷カバーは丸洗いできるので、いつも清潔。
・サイズ:38×8.5×42cm

上ががばっと開くので猫を中にすんなり入れやすく、とても使い
やすいです。
我が家は多頭飼いで災害時など、バリケンだと重く複数個もって
移動せねばならず、リュックタイプはとても助かります。

ふわふわしたマット付き、居心地いい環境を作ります。
またマットの中にプラスチックス入り(取り外す可能)、バッグが変形にくくなります。
・サイズ:27×27×42cm

猫二匹なので、お出かけや病院の検診など、一緒連れて行ってます。一匹は手持ちで一匹はリュックで担げるので、もう片手が解放され、お出かけがもっと楽になりましたよ、カバンのそこには布団のような座布団が敷いているので、猫も快適そうで、泣き声もしなくなりました

車のシート、キャリー、手持ちバッグ、ショルダーバッグ、なども利用できます。長時間の移動や、手荷物がある場合はショルダーベルト兼手持ちが移動時の力になってくれます!本体のメッシュウィンドウ部分は全オープン可能、出入りも楽々で、通院にも最適です。
・サイズ:42×26×26cm

猫を連れて新幹線で実家にチャレンジしました。
リュックとして背負える、肩にストラップをかけても運べる、この辺の柔軟さはとても便利。
安全面を考えたら絶対使わないであろうと思っていた「キャリーハンドルにサイドを通す」方法は、巨大なスーツケースで安定感があるときは大丈夫で、便利でした。
席に乗せた際も広げて居住空間を広くできる点もよかったです。

移動中も覗き窓がメッシュ素材なので中の様子が見られて落ち着きます。
覗き窓もファスナーが付いているので、開けるとペットの顔出しもできます。
・サイズ:36×39×27cm

ノルウェジアンフォレストキャットのオス6.3kgが余裕で入れます。4way.3wsyのものも検討しましたが、値段とサイズとデザインを考えるとこれが1番でした。

まずはオーソドックスな肩掛けのショルダーバッグとして。
肩ひもを2つつなげて両手が自由に使えるリュックサックとしても。
旅行の時に便利な片手持ちショルダーバックの使い方も可能。
キャスター付のキャリーバッグの上にのせて、持ち手をひっかけるベルトを通せば長時間の移動でもペットに大きな負担をかけるなく移動させることができます。
・サイズ:44×25×33cm

抱っこ型のものが肩へくい込んで痛くてたまらず、こちらを購入しました。6kgの猫も使えました。閉じてもサイドや前から覗けるので安心です。猫も私の存在が確認出来るのがよかったらしく、落ち着いてました。上もジップで開けられるので膝の上に乗せたまま、顔が見れ 病院の待合室では助かりました。

収納と持ち運びがとても便利です。 車の座席に固定するだけでなく、リュック機能付き、肩をかけても使用することができる。
トレイ部分には空気穴がついていますので、通気性も確保されています。
・サイズ:38×29×45㎝

うちの7キロ弱の大型猫が窮屈でなく、入れる物を探していたのでこちらに決めました。
7キロの猫でも余裕で入れる大きさです。底部が不安定にならないか一番心配でしたが、全体的にガッチリしていて、底部も7キロをしっかり支えてくれます。宇宙窓の取り付けも、女性が一人で簡単に出来ました。外側から反時計回りにメッシュの一番外側の(ゴールド色)丸い部分を回す→パカッと外れる→窓と入れ換え→時計回りに丸い部分を回す。です。

透明カプセル窓に3つ大きな通気口があり、上面、側面が高密度のメッシュ付きので、空気の循環を確保し、ワンちゃんもネコちゃんも中から外の様子を見ることができます。
・サイズ:35×30×24cm

3.5kgの猫を病院に連れて行くため購入しました。入れる口が広くて入れやすかったです。
大きさも丁度良い感じです。 軽くて丈夫で、背負った感じも負担にならず値段も安くで良かったです。

嫌がる猫ちゃんの「通院」や「移動」に使ってほしい!猫用3Wayリュック型キャリーバッグです。【新機能】として、お客様から要望が多かった、手持ちのスーツケースやキャリーバッグにセット出来るようになりました。リュック、ドライブバッグ、スーツケース、3Wayでの利用が可能です。

愛猫の長距離移動用に購入。神経質な子で、更に初の長距離移動でしたが背中ではなく前に回して抱き抱えるように運んだ為か不安鳴きもせず安心して移動できました。
ぱっと見動物用のキャリーバッグに見えないので動物嫌いな人への配慮にもなると思いました。良い買い物をしました。

リュック型キャリーなので、両手が空いて移動に大変便利です。 お部屋では猫ハウスと慣らしておけば、いざという時にも嫌がりません。耐荷重10kgです。多頭飼い、大きめ猫ちゃんでもOK!

ワクチンの時など今まで2つのキャリーで運んでいて車までヘロヘロになって運んでいましたが、これは1台で完結しますしキャリーでもあるので楽そうです。地面に近く振動音で初めはびっくりするかもしれませんが、良さそうです。 今は慣らしで開けてベッド仕様で転がしています。時々交代で入っては寝ています。また作りもしっかりしていて使い勝手の良いポケットが便利です。同伴避難時も考えて購入して良かったと思います。

入口が広く、ペットが入りやすい構造になっています。
・サイズ:47×28×28cm

かなり悩んで購入。五キロの猫ですが、広げるとゆったり横になれ、まだ充分余裕があります。作りもしっかりしていて使い勝手も良いです。少し重さが気になりますが、肩や手でも持てるので私は問題ナシです。

飼い主様は抱っこをするように前にかけたり、背中に背負ってリュックとしても使用可能です。 アウトドアだって旅行だってこれがあれば楽々移動出来ます。
・サイズ:29×23×34cm

この子は2.8キロ、小さくて細身の成猫です。彼女でギリギリなので、普通サイズの猫ちゃんだと厳しいかと思います。 特に入り口が狭いので、イヤイヤするタイプの猫ちゃんだと難しいです。 前に抱っこするように持てるし、中で寝てしまうほど居心地はいいようです。 私としては、満足しました。

透明なデザインで、ペットの状態を簡単に確認できます。ペットも外の様子を存分に眺めることができます。
・サイズ:29×27×42cm

箱を開け始めると興味津々にこちらを見ていたので「君用の移動する部屋だぞ~」と言うと近付いて匂いを嗅いで、自分から入ってました。 そしてサイドの小窓から出たり入ったりしてました。 2キロの子ども猫なのでゆったり入れていい感じです。

猫のリュックサックは種類豊富

人気の猫用キャリーリュック

出典:toypetreviews

猫のリュックは可愛らしいデザインのものも多く飼い主さんの負担を軽減してくれるはず。機能性の高いものも多いので、ぜひ飼い猫にあったリュックを選んであげてください。
普段あまり使用する機会がない家庭も、非常用に一つもっておくといざというときに役立ちます。ぜひ利用を考えてみてください。