金魚飼育のヒーターおすすめ17選!使い方と注意点とは

金魚水槽のヒーター
Pocket

金魚にヒーターは重要

金魚用ヒーター

金魚は水槽の水温が低くなりすぎてしまうと、消化不良を起こしてしまい転覆病という病気になってしまう恐れがあります。そのためにも金魚の水槽にはヒーターを備え付けて温度調節をしてあげることがおすすめです。
金魚は比較的適応できる水温の幅は広いとも言われていますが20℃から25℃ほどがちょうど良いといわれています。水温が高すぎても金魚は死んでしまうためヒーターは金魚が長生きしていくうえでとても役に立ちます。
金魚飼育の初心者の方には人気のヒーターを選ぶことをおすすめします。そんな金魚用ヒーターについて紹介していきます。

金魚用ヒーターをご紹介

自動温度調節器内蔵なのでサーモスタット不要。水温を26度前後に維持します。
空だき状態が続いて自動温度調節器が故障した場合、温度ヒューズが通電をカットします。(再使用できません)

小型ボディーに水温コントローラーを内蔵した観賞魚用ヒーターです。金魚鉢や小型飼育容器にも取り付けがスッキリ・簡単です。急激な水温変化を回避して快適水温をキープすることができます。
万一の空焚き(空気中の加熱)時には内蔵センサーが反応して異常過熱を制御し、さらに本体ボディーには最高グレードの自己消化性樹脂を採用しているので安心・安全です。

金魚が快適に過ごせる18度に自動保温する温度固定式ヒーター(サーモスタット不要)。 金魚を熱から守るヒーターカバー付なので安心して使える。縦設置でも、正確に水温をコントロールする独自設計。縦・横自由にレイアウトできるから、小型水槽でもスッキリ。

冬場でも水温を金魚、メダカに最適な18度前後に維持します。従来の26度セットヒーターに比べて、50%以上省エネ。観賞魚用ヒーター安全対策協議会統一基準適合。

温度自由調節できる、広い範囲適用、耐熱材質、カバーネット付き、PSE認証、石英防爆ガラス、万全保護、海水適用

熱帯魚用ヒーター安全対策協議会「SH規格」適合品 安全を追求した独自の構造。 ヒーター部と水温センサー部を並列に設計したので、ヒーター部の加温によるセンサー誤動作がなく、水槽内で縦設置が可能

電源プラグを差し込むだけで快適水温をキープするコントローラー内蔵観賞魚用ヒーターです。金魚等の飼育にやさしい約18℃をキープするよう設定されています。急激な水温変化を防ぎ、金魚の体調を良好に保ちます。

水温を15-35度にコントロールできるサーモスタットと160Wヒーターの一体型温度可変式ヒーターサーモスタット+ヒーター一体型水温を15~35度にコントロールする温度可変式ヒーター

タンクに水を置くヒーターは、適当な水温を保って、魚の病気や死を避けることに役立ちます。

自動温度調節内臓なのでサーモスタット不要。水温を26℃前後に維持します。

ヒーター部と温度感知部が別ユニットの安全設計。サーモスタット不要です。鑑賞魚用ヒーター安全対策協議会統一基準適合商品です。7L以下水槽用

アクアジュエルン用オートヒーター。60Wです。冬の低水温時でもヒーターを入れると魚がいきいきします。

熱帯魚用ヒーター安全対策協議会「SH規格」適合品 ~3つの安全機能「うっかり」対応~万一空気中に出ても温度センサーが働き、安全な表面温度にコントロール。使用者視点で考え抜いた最高の安全性を実現。

「ブラック管採用」水槽内で目立たない! 新規格「統一基準規格」サーモスタット接続専用ヒーターが新登場! !

温度表示デジタルLEDライト搭載、水槽の温度状況をはっきりしやすい、温度数値(20~34℃) に安定保温します。そしてインジケーターランプ付き、ヒーター本体のガラス内部には、加温中を知らせるインジケーターランプが内蔵されています。

小型で、スペースを占めなくて、コンパクトな水族館の暖房ニーズに適しています。低水位に適用して、スリムなデザインで、水に横たわることができます。

水容量約18Lの水槽で使用して頂く、サーモスタット不要の水温18度固定型ヒーター。金魚を元気に育てることができる18度に水温を固定。通電遮断機能(温度ヒューズ)付き、定格消費電力55W