犬用ケーキが販売されているけれど大丈夫?違いをチェック!

犬用のケーキ
Pocket

まずはケーキの原材料をチェックしてみよう!

ケーキを食べる犬

無添加で安心!というフレーズで販売されているケーキも多く、実際に何を使ってケーキが作られているのか見た目だけでは全くわかりません。とっても甘いケーキかと思いきや、馬肉が入っている?!と書いていたり、かぼちゃや人参はなんとなく想像がつくけれど、鶏肉が入っていたりすると、一気に味の想像が難しくなります。ただ感想はどうであれまずは愛犬にとって体に悪いものが入っていのかどうかはチェックして買いたいものですね。

犬にとって食べたら危険な食べ物をおさらいしよう!

犬のケーキのアレルギー

ケーキで使われる材料で犬にとって食べたら危険な食べものはなんでしょうか?まずはそのことを知ってからケーキを購入したいものです。
基本犬には、砂糖はNGです。ちょっとだけなら問題ないよね。という甘い気持ちであげてしまうと、虫歯になってしまったり、ひどくなると糖尿病になったりと、体に害及ぼしかねません。
そうならないためにも、犬が食べてもOK かどうかは飼い主さんがしっかりと理解しておきましょう。

ちなみに、ケーキによく使われるチョコレートは中毒症を起す危険がありますので、食べさせるのはNGです。
また、アレルギーの原因ではないかと問題になっているトランス脂肪酸が含まれるマーガリンなどの加工油脂も控えた方が良いです。
そして食品添加物も気になるところです。
人に害のあるものは、犬にも害があると思った方が良いのですが、人はOKでも犬には害があるものもあるので、しっかりと理解しておきましょうね。

愛犬にアレルギーがあるかどうかをしっかり見極めよう

最近犬の間でもアレルギーが多く見受けられるようです。代表的なものはアトピー性皮膚炎などの皮膚アレルギーや、食物アレルギーはなんと犬の40 %が持っているという話もあります。原因を突き止めるのは、大変なことですが、愛犬にアレルギーが出ないように気をつけてあげることも大切です。
特にアレルギーを起こしやすいものは、牛肉や乳製品、鶏肉、小麦、とうもろこしなどアレルギー反応を起こしやすいので、これらのものを愛犬に与えるときには、愛犬の様子をよく観察しながら与えるようにしましょう。

こんなケーキは要注意!賢く選ぼう!

犬用ケーキを食べるわんちゃん

最近は犬用のケーキを販売しているお店も増えてきてきていたり、手作りのケーキレシピが本になって販売されていたりと、ケーキが以前より身近になってきています。そこで安全なケーキを選ぶために、ちょっとした点をチェックして、選んであげては如何でしょうか?

保存料に添加物を使用していたり、チョコレートを使用しているケーキは買わないように気をつける。
お店の人と相談をして、どんなことに注意をして作られているのか、材料を再確認してみる。
など自分なりに疑問に思っていいることを、素直に聞いてみて、親身になって相談に耳を傾けるかどうかでも判断になります。
かわいい愛犬に与える特別なケーキなので、まずは飼い主さんが納得して与えてあげるのが、一番ですね。

犬用ケーキをご紹介!

わんちゃん大喜びの馬肉と寒天だけで生地をつくりました。
そして10㎝(3号サイズ)の食べきりサイズ!
小さなわんちゃん1頭でも、2食で食べきります!

帝塚山WANBANAの犬用ケーキは「犬の栄養管理のプロ」により、開発されました。
一番の特徴は、生地が馬肉と寒天のみでできています。
卵、お砂糖、バターなど、 愛犬にとって不必要な材料は一切使用しておりません。

小さいわんちゃんや初めてわんちゃんにケーキを与えるのに、ぴったりなお試しサイズのカップケーキが2個入りのセットとなっております。

ワンちゃんと飼い主さんが一緒に食べられます。
豆乳クリームで体に優しくヘルシーに。スポンジに使用する糖分、甘さを極力抑えカロリーの低いケーキです。