暑い夏にご用心!愛犬が夏にかかりやすい病気ベスト5

犬の病気
Pocket

犬の病気①熱中症

人間と同様犬も熱中症になります。犬の体温は39℃が平熱と言われていて、私たち人間よりも暑く感じます。また、外では、地面からの照り返しをダイレクトに受けるため、5〜17℃も高い温度の中で歩くことになります。犬の体温調節が苦手で、汗腺が足の裏の肉球部分にしかないために、体温調節するためには、舌を出し唾液を蒸発させることで熱を逃がすようになります。呼吸が速くなってハアハアしている時には、水分補給を促してあげましょう。

犬の病気②フットパットの火傷

夏になると、アスファルトや砂浜などの温度が高くなり、犬の肉球が火傷をしてしまいます。夏の時期の地面は思った地上に温度が上がっているので、散歩する前には、必ず人の手や素足で温度を確認してから散歩しましょう。散歩はお昼間を避けること、また日陰を歩くなどの工夫が必要です。長く散歩が必要なわんちゃんには、暑さ対策に靴を履かせることも火傷防止になりますので、上手に活用してみるのもおすすめです。

犬の病気③食中毒

夏になると犬も水分をよく飲むようになります。散歩中に喉が渇いて川の水や水たまりの水を飲んでしまいお腹を壊してしまうことがあります。夏の散歩には必ず犬用の飲料水を持参して、こまめに水分補給をしてあげてください。また気温が高くなるためドッグフードの管理にも注意が必要です。カビが生えていたり腐ってしまうこともありますので、大量に購入せずこまめに購入することで、新鮮な餌を与えてあげましょう。

犬の病気④ノミマダニ

夏になると一気に活動するノミマダニなどの寄生虫です。街中だからと言って油断はできません。猫ノミなどは街中でも多く存在しています。またジャンプ力もとても高いノミは人の衣服などについて家に侵入することもあります。また山など自然豊かな場所ではマダニが多く生息しているため、外出が多いわんちゃんは、予防薬をしっかり行ってノミマダニ対策をしっかり行いましょう。わんちゃんが体をかく仕草をしたら、体をチェックしてあげてください。

犬の病気⑤皮膚炎

夏の時期にはシャンプーをする機会が増えます。トリマーさんにお願いする場合はキチンと乾かしてもらえるのですが、自宅でシャンプーをすると、暑いからすぐに乾くだろうと半乾きのまま放置すると、犬の毛が蒸れて熱がこもってしまうことがあります。また、蒸れた状態は皮膚炎を引き起こす原因になるのです。犬の皮膚を清潔に保つためにシャンプーをしたのに、乾燥が甘く皮膚炎になるなんて悲しいことです。シャンプーや水浴びなど犬の体が濡れた時には、しっかりと乾かして皮膚炎から守ってあげましょう。