犬に歯磨きは必要!しないとどうなる?どうすれば上手にできる?

犬の歯磨き
Pocket

犬に歯磨きが必要なワケ

犬の歯は、人間の歯とは違って虫歯になりにくい性質をもっています。しかし、口の中に食べ物のカスが残っていると歯垢が溜まり、歯石になったり、歯周病になったりします。
それで、犬の歯磨きは虫歯予防ではなく、歯周病予防のために行います。

日本では成犬の約8割が歯周病、歯周病予備軍との報告があります。
犬の歯に付いている黒や黄色の汚れ!コレが歯垢や歯石なのです。

犬にとって恐ろしい歯周病

歯周病は「歯垢が溜まる」ことによって引き起こされます。
歯垢は数日で歯石になります。歯石になると家庭では取り除くことはできません。獣医さんに特殊な機械で除去してもらわなければいけませんし、場合によっては全身麻酔が必要になってきます。
歯垢や歯石は歯周病だけでなく、口臭、歯槽膿漏、歯が抜け落ちるという歯の病気の原因になります。

歯の病気だけではない!

歯周病は歯の病気ですが、歯の奥の細菌が血管に侵入し心臓や肝臓などの臓器に疾患を引き起こす場合もありますし、頬から膿が出たり、顎の骨が折れたりすることさえある恐ろしい病気なのです。ですから、歯磨きをして、病気のリスクを減らしましょう。

歯周病になりやすい犬

小型犬、短頭犬種、シニア犬、免疫が低下した犬、口内ケア不足の犬

歯磨きに慣れさせよう

犬の歯磨きステップ1

いきなり歯ブラシを突っ込まれて歯磨き嫌いになるコは少なくありません。まずは、犬の口の中に人の指を入れても大丈夫になるように慣らすことがはじめの大切なステップです。
犬の口の周りを触っても、犬の唇をめくっても嫌がらなくなったら、指を歯ブラシに見立て歯や歯茎を触ってみます。少し力を入れてマッサージするようにやってみてください。上手にできたら褒めて、褒めて、褒めちぎってください。コレが歯磨きに慣れさせる重要ポイントです。

犬の歯磨きステップ2

指にガーゼを巻きつけて犬の歯を擦ってみてください。人の指で歯茎のマッサージができるようになれば歯磨きの目的ほぼ達成です。歯磨きを使うことができるかもしれません。

犬の歯磨きステップ3

いよいよ歯ブラシにチャレンジです。この段階でも焦らずに、まずは歯ブラシに慣れさせることから始めましょう。壊してもいい歯ブラシをおもちゃとして与え、ブラシの触感が好きになるようにしましょう。

「さあ、ゴシゴシやるぞー」という気分になりますが、歯茎に触れることから慣らし、大丈夫になってきてからブラッシングをするようにしてください。はじめは特に歯垢が付きやすいところだけ磨かせてくれればOK。徐々に長時間できるようになるでしょう。

歯磨きガム

歯磨きをしなくても、噛むだけで歯の汚れを取ってくれるというスグレモノ。効果を発揮する使い方のコツが実はあるのです。

大きすぎると口の中を傷つけたり、カロリーオーバーになったりする恐れがあるので犬のサイズにあった歯磨きガムを選びましょう。
歯垢は奥歯に溜まりやすいので、飼い主が歯磨きガムを持ち、奥歯を中心に噛ませてやると効果がかなりアップします。
ゆっくり噛むことのできるガムを、できれば毎日あげると歯を綺麗に保つことが期待できます。

おすすめの犬用歯磨きガムはこちら→犬の歯磨きにおすすめ!犬用ガム25選

犬にとっても歯は命

犬にとっての歯磨きがいかに大切かということを理解していただけたでしょうか。犬にとっても歯は命です。犬と楽しく暮らしていくために歯の健康にも気を配ってやりたいものです。犬の歯磨きをやったことがないという方、苦手な方、この機会にチャレンジしてみませんか。