ポイントを押さえれば大丈夫!犬のご飯を手作りしてみよう!

犬の手作りご飯
Pocket

犬の手作りご飯のメリット

ドッグフードのお手軽さには敵いませんが、添加物などの心配がないこと、毎日違うものを与えることができることなどの利点があります。また、飼い主は、愛犬が何を食べているのかきちんと把握できます。
なんといっても手作りなので、愛情や絆が深まること間違いなしですよね。

ドッグフードと併用でOK

毎日作るのは大変なこともあるでしょう。無理な日はドッグフードにすればよいのです。気負わずにできること、続けられることが大切なのです。稀に、手作りご飯にするとドッグフードを食べなくなる犬がいます。そうなると、飼い主が病気になったり、旅行に出かけたりする時に困りますよね。それで、手作りご飯もドッグフードもどちらも食べることができるようにしておくことがお互いのためになるということなんですね。

犬ご飯で絶対に守るべきポイント

犬に与えてはいけない食材を避ける

玉ねぎ、長ネギ、ニラ、ニンニク、らっきょうなどのネギ科
チョコレート、ココアなどのカカオ系
ナッツ、キシリトール、人間用の薬やサプリメント
生の豚肉、貝類

アレルギー

アレルギーのある子もいるので、皮膚や口腔内の腫れ、嘔吐などの症状がないか注意して観察してください。
持病がある場合は、獣医師にまず相談してください。獣医師は制限すべき食材や栄養素、摂取すべき食材や栄養素を教えてくれるでしょう。

栄養バランスの目安

適切な栄養バランスとなってくると犬種や個体によって異なってきますので目安の参考にしてください、
穀類:肉・魚・卵・乳製品:野菜類
1:    1     :1

適量の目安

適切な量も個体によって異なりますが、目安は1回分の食事量が犬の頭の大きさのお椀くらいと考えてください。

手作りご飯のコツは「ザ・適当」

人間の食事と同じでいろんなものを偏りなく食べるなら、必要な栄養素を摂取することができます。コレでなければと考え過ぎず「適当に作る!」これでいいんです。

犬ご飯の押さえるべきポイント

適当で大丈夫なのですが、注意しておきたいポイントがあります。ご飯の水分は多めに、素材は小さく刻みましょう。これだけです。あとは、与えてはいけない食材に注意し、いろんなものをご飯にしてみてください。

手作りご飯の裏ワザ

犬用にわざわざ作るのは面倒くさい。そんな時には、飼い主の食事と同じ食材で作ってみませんか。ご飯と野菜それに肉か魚でいいのです。小さく切って、水で煮込むだけ。この時、人間と同じ味付けはしませんが、鰹節、コンブ、チキンブイヨンでダシを取ってもいいでしょう。「ザ・ぶっかけご飯」です。これなら、簡単ですね。

犬のご飯を作ってみよう!

「えっ、そんな簡単でいいの!」って驚かれたかもしれませんね。そうなんです。そんなに難しく考えなくても大丈夫!気楽にご飯を作ってあげることができるのです。あなたの愛犬は何が大好物なんでしょうね?愛犬がご飯をおいしそうに食べる姿は、飼い主を幸せな気持ちにさせてくれます。あなたも愛情たっぷりの犬ご飯にチャレンジしてみませんか。