猫に「おやつ」を与える派?与えない派?猫にはどっちがいいの?

お菓子を食べる猫
Pocket

猫におやつを与える目的

おやつを食べる猫

おやつの目的は猫とのコミュニケーションを図ることです。おやつは主食ではありませんから、猫が喜ぶものをご褒美として与えるのがベストですね。
人間が美味しいものをもらったらうれしいと感じるように、猫も時々おやつをもらえるとうれしいと感じます。そして、おやつを与えてくれた人との関係がよいものになります。

おやつを与えるタイミング

猫におやつの危険性

・病院から帰ってきた時など、猫が嫌な思いをしたときにねぎらって。
・しつけをしている時に、うまくできたご褒美として。
・お留守番が長かった時のお詫び。
・毎日、猫におやつを与えるのでなく「時々」与えるもの。

猫におやつは必要なの?

実は、おやつは必要ありません。おやつをあげなくても、猫の健康状態が悪くなったり、コミュニケーションが不足したりすることはありません。

栄養バランスの取れた総合栄養食であるキャットフードを与えていれば十分なのに、余分なおやつを与えることで栄養バランスが崩れてしまう場合もあります。また、おやつの味を覚えてしまい、メインであるフードを食べなくなることもあります。

飼い主がおやつ大好きな場合、猫におやつを与えないなんて猫が可哀そうという思考になるかもしれませんが、おやつを与え過ぎて病気になる方がよっぽど可哀そうです。おやつを与えるべきかどうかはこれらの情報をきちんと把握した上で飼い主がきちんと判断すべきです。

オススメはフードをおやつに

猫用のキャットフードとおやつ

ご褒美やしつけの時におやつがあれば、猫もやる気がでるかもしれません。その時に、特別なおやつではなくても普段主食として与えているキャットフードを少しおやつとして与えることができます。その分、食事の回数を減らしたり、一回の食事量を減らしたりして一日の摂取量を調整してください。

猫におやつを与える際の注意点

人間でもそうですが、おやつの食べ過ぎは体によくありません。おいしそうに、嬉しそうに食べている愛猫を見ているとついつい追加で与えてしまいたくなりますが、グッとこらえてください。愛猫の健康のためです。

猫の食いつきがよくなるように塩分も多く、合成炭化物や合成着色料たっぷりのおやつもたくさん出回っていますから、猫にとっては害となる場合があります。
無添加のものを選ぶ、手作りのものなど猫が好むものであれば何でもおやつとして与えることができます。

結論

おやつを狙う飼い猫

猫におやつが必要かどうかは飼い主の考え方と判断による!ということです。
おやつの質や量に気を付けて、時々ご褒美として、絆を深めるために時々与えることもできます。愛猫の健康と幸せのためにこの記事がお役立ちいただけたらうれしいです。