犬がくつろげるクッションとは?選び方のコツとおススメ

犬のクッション
Pocket

クッションの役目

クッションでくつろぐ犬

身体への負担を和らげる

犬は一日のほとんどを寝て過ごします。お腹をぺちゃんと付けて寝たり、体を丸くして寝たりしているので、クッションがないと身体に負担がかかってしまいます。
シニア犬や病気の犬は寝ていることが多いので、最近では床ずれ防止のクッションなどもあるくらいなんですよ。

リラックス効果

クッションの上がお気に入りであり、くつろげるスペースになっているワンちゃんも少なくないはずです。犬はフカフカしたものが大好きですよね。

クッションは季節によって替える

犬用のクッション

夏になると涼しいところへ、冬になるとコタツの中に潜りこむ室内犬も少なくないと思います。犬が快適なスペースを探し求めているなら、ふさわしいクッションを与えてください。夏は熱を発散させるような涼しい素材のもの、冬は熱を逃さない温かいものを選んでやるならクッションの上で安心してくつろげるでしょう。
カバーを夏用、春秋用、冬用と替えるくらいなら簡単にできますよ。

犬用クッションの選び方のコツ

生地・機能性

犬がくつろげるような生地を選んであげたいものです。また、硬すぎず、柔らかすぎないのも大切な点です。
夏であればメッシュのもの、冬であればフリース素材など季節によって選ぶ生地を替えることができるでしょう。
シニア犬であれば身体の負担が少ないものを選んであげたいものです。

お手入れ

毛が抜けたり、よだれが付いたりしますから、クッションのカバーを取り外して洗うことができるか、クッションそのものを洗うことができるかなども重要ポイントです。
クッションはダニやノミの温床になりやすいので、洗えて清潔に保てるものがおススメです。

大きさ

愛犬の大きさにあったものをえらびましょう。犬種や性格によってはちょっと狭いくらいの寝床の方が落ち着く犬もいます。

おすすめのクッション3選

夏でもひんやり過ごせる素材でできています。爪で引っ掻いても壊れない耐久性、簡単に洗濯でき、すぐ乾きます。

ふわふわモコモコのあったかクッション。ザブザブ洗えるので清潔に保てるのもうれしいですね。

高い弾力性のPP綿を採用し、保持力とバウンド度に優れ、通気性がよいので心地よい眠りに誘われます。

犬×クッションで快適な毎日を!

犬柄クッションと飼い犬たち

いろんな素材、形、大きさのものがあるので、いざ買うとなると悩んでしまうかもしれませんね。飼い主も楽しく、犬にとっても心地のいいものが見つかるといいですね。
高価なものをずっと使うというよりも、安価で機能的なものを選び、傷んだら買い替えるようにする方がクッションのふわふわに癒され、衛生的かもしれませんね。