飼い犬のカイカイ、それってアレルギーかも?!原因と解決策をご紹介!

頭を掻く犬
Pocket

犬のアレルギーって、どんな症状があるの?

犬のアレルギー

アレルギーとひと口に言っても、その症状はさまざま。なかには、下痢や嘔吐といった胃腸障害をともなうケースもありますが、犬の場合、初期症状として皮膚トラブルを発症することが多いようです。トラブルが出やすいのは、手足の肉球部分や耳の裏側、目や鼻のまわり、お腹、尻尾の付け根など。赤く腫れて熱をもつ、フケが目立つ、部分的に毛が抜けて禿げる、激しく掻いたりなめたりすることで傷ができたりカサブタができたりする…などといった異常に気づいたら、動物病院で相談してみましょう。アレルギーも他の病気と同じく、早め早めの治療が大切です。

何がアレルギーの原因なの?

わんちゃんのアレルギー

体内に入ってきた異物を取り除く免疫機能が、何らかのきっかけで過敏になってしまい、本来害にならない物質に対しても反応してしまう、というのがアレルギーのシステム。犬の場合も人と同じく、食べ物、ノミやダニ、ハウスダストやカビ、洗剤などに含まれる化学製品などがアレルギー反応の引き金になると言われています。最近は動物病院でも、比較的簡単にアレルギーの原因となる物質=アレルゲンを特定する検査ができるようになっているので、必要であれば検査を受けて、はっきりと原因を突きとめるのも、ひとつの方法です。

愛犬がアレルギーかもしれないと思ったら…

アレルゲンを調べる検査が一般的になってきたとは言え、検査にかかる金額は決して安くはありませんし,アレルギーを引き起こす可能性のある物質が多く、100%正確な結果を出すのがむずかしいとも言われています。だからといって、家族の一員であるワンちゃんを放っておくことはできませんよね。愛犬の症状を少しでも軽くしてあげたいという一心で、フードやサプリメントなど、愛犬の皮膚トラブルを軽減するための手段をいろいろと試している飼い主さんも少なくないとか。そこで今回は、そんな飼い主さんとかゆみに悩むワンちゃんたちのために、ご家庭でのケアに役立つアイテムをご紹介します。

毎日のご飯やサプリメントで症状を緩和

アレルギーの犬

食物アレルギーの場合、毎日食べるフードの原材料の中に、アレルゲンとなる物質が含まれていることも考えられます。あまり使っていない、そこで挑戦してみたいのが手作り食。アレルゲンになりやすい食材を避けて、愛情をこめて作るごはんに、ワンちゃんもきっと大よろこびするはず!
でも毎日作るのはやっぱり大変…。そんなときためしてみたいのが、アレルゲンになりにくいとされる魚をメインに使ったドッグフード。「え?犬に魚をあげるの?」と意外に思う人も多いかもしれませんが、犬はもともと雑食動物。肉だけではなく、魚や野菜などをバランス良く食べさせてあげるのが、健康維持には大切なんです。また、魚は、タンパク質をはじめ、皮膚や骨を丈夫にするカルシウムやオメガスリーなどの栄養を豊富に含む食材。加齢にともなう症状の緩和にも役立つので、シニア犬にもぴったりです。
そのほかにも、アレルギーを引き起こしにくいペニソン(鹿肉)のフードや低アレルゲンフード、さらにアレルギーをもつワンちゃん用のおやつなども。好みに応じて選ぶことができます。どれを選んだら良いかわからないという場合は、保存料や着色料などを使っていない、ナチュラル指向のフードに変えてあげるだけでも、アレルギー症状が軽減する場合もあるので、試してみては。
味の好みがうるさくてフードを変えるのがむずかしい場合は、いつものごはんにアレルギー症状を緩和するサプリメントをプラスしてみるのも一案。慣れるまでは少しずつ与えていくようにしてください。フードやサプリメントは、与える量に気をつけて。ワンちゃんの症状に応じて、獣医さんと相談しながら与えるのがおすすめです。

シャンプーなどのケア用品も低刺激のものを

ドッグバスでくつろぐ飼い犬

Puppy in foam bath

ワンちゃんの皮膚トラブルは、ちょっとした刺激でも悪化することがあります。被毛や肉球のケアに使うアイテムも、できるだけ香料や化学製品を加えていない天然素材のものを選びましょう。シャンプーの時には、ぬるめのお湯でやさしく洗ってあげるようにしてください。特にトラブルがひどい場合には、シャンプーを水で薄めて使うのがベスト。洗い終わったら洗剤が残らないようにじゅうぶんにすすぎ、タオルドライなどでよく乾かしてあげることも大切なポイントです。ブラッシングはできるだけやわらかい素材のものを使い、地肌に刺激をあたえないよう、やさしくとかす感覚で行います。

犬用アレルギー対策アイテム紹介

皮膚トラブルや抜け毛が気になるワンちゃんに、手作りごはんで体調改善していくためのレシピがいっぱい!

牛肉・乳製品・小麦・卵・大豆などを使用せず、アレルゲンになりにくい素材をたんぱく源に、おいしく仕上げたフード。

生のサーモンを主原料に、ビタミンEとオメガ6脂肪酸を配合した、皮膚や被毛の健康を考えたフード。

ビーフ味で嗜好性抜群!愛犬のアレルギーや皮膚病、アトピー、湿疹、かゆみを緩和するサプリメント。

着色料、合成香料、合成防腐剤、石油系界面活性剤、 シリコンは一切使用していない天然成分配合の弱酸性シャンプー。

人間用の化粧品に使用される、有機栽培された植物を原料にした、100%自然素材のクリーム。

まとめ

飼い犬

いかがでしたでしょうか。大切なワンちゃんが、血がにじむまで自分の体を掻きむしったり、ストレスで元気がなくなったりするのを見るのは、つらいですよね。アレルギー体質を治すには、じっくり向き合うことが肝心です。行きつけの獣医さんに相談したり、今回ご紹介した市販のフードやアイテムを上手に使って、ワンちゃんの症状改善をめざしましょう。