猫用こたつを徹底比較!安全な使用方法もご紹介

ねことコタツ
Pocket

猫にこたつは必需品?!

猫がこたつで眠っている様子

出典:grapee

寒い季節といえばこたつで丸まって温まる猫を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。事実、猫は寒さが苦手で暖かいところに逃げてきます。
今回はそんな寒さが苦手な飼い猫のための猫用こたつについてをご紹介!

猫用こたつはなぜ必要?

猫用こたつが発売されていますが、人間用のこたつではなぜダメなのか、その理由をご紹介

猫が低音やけどの恐れ

人間用のこたつですと、猫にとって温度が高すぎることが多く、こたつの中で猫が寝てしまったりすると気づかないうちにやけどを起こしてしまう恐れがあります。猫用こたつでは温度も猫にあったものとなっています。

猫が目を悪くする恐れ

人間用のこたつは赤外線のものとなっており、人間にとってもですが中で目をあけていると目が乾燥してしまったり、飼い猫の角膜が炎症してしまう恐れがあります。猫用のこたつは比較的猫の目のことを考えて作られており、飼い主さんにも安心です。

猫のために広いスペースが必要

人間用のこたつは普段こたつを利用している方なら特に手間ではありませんが、やはり広い場所を取られ、準備も大変です。猫用こたつは小さなものが多く、また組み立ても簡単であり見た目も可愛らしいものが多いのでインテリアにもなってくれるのではないでしょうか。

猫用こたつでも気をつけて

猫用のこたつを使用していても、使用する上で注意が必要となります。そんな飼い主さんに知っておいて欲しい注意点をご紹介。

猫がこたつで酸欠になる恐れも

人用のものでも同様ですが、長時間こたつに入っていると酸欠で死んでしまう恐れもあります。特に子猫や老猫ですと中で眠ってしまって酸欠、という恐れがあるのであまりにも長時間こたつから出てこない場合は飼い主さんが気をつけてあげましょう。

猫がこたつで脱水症状になる恐れも

酸欠のものと同様に長時間こたつにいると気づかない間に猫が脱水症状になってしまう恐れがあります。こたつの中に水をおいてあげるといった対策もありますが、猫が中でこぼしてしまうと大惨事になってしまうので、しっかりと見てあげるようにしましょう。

このようにこたつを使用するうえでの危険性を紹介してきましたが、しっかりと使い方を守れば非常に猫にとってうれしいアイテムです。飼い主さんがしっかりとめんどうを見てあげることで猫用こたつは猫にとって非常に魅力的なものになるでしょう。

猫用こたつを徹底比較

からだを暖かく包み込む遠赤外線こたつ。肌にヒーターが直接触れない遠赤外線放射熱方式で安心。こたつ内中央温度約31℃。コードスッキリL型プラグ&噛みつきから守る金属製ラセン管。ふとんが寄れにくいキルティング加工。消費電力18W電気代(8時間)約3.9円。ふとん+遠赤外線こたつ本体+マット付き。猫にぴったり
・サイズ:14×40×46cm
・重量:2450g

猫が2匹いるのですが、どちらも中に入りたそうにしているので二つ目を購入しました。
本体の作りが思ったよりしっかりしていて、こたつ布団のデザインも可愛い。
下のマットが、こたつ本体とズレないようにマジックテープがついているのも良いです。
人間からしたら物足りないですが、じわじわ暖かいのが気に入ったのか、1日中、長い時だと12時間くらいは入りっぱなしの時もあります。
壊れたり、こたつ布団が汚れたりしたら、替えも別売りで売っているようなので、リピートします。

たつのうえでもくつろげるお皿型の天面。ペットの入口を作れる取り外し可能なワイヤー付き。赤外線ランプ不使用で、ペットの目にも安心。ふとん&マット付き。
・サイズ:50.5×40.5×36cm
・重量:3890g

こたつの温度は手を入れてみて、若干あたたかい感じがするような?という位ですが、猫達には気に入ってもらえた様です。
コタツの足もマジックテープで中敷きと固定されており、倒れる事もありません。
中敷きが硬めなので、薄いクッションをその上に、コタツの上には膝掛けをのせて使用しています。

もぐりこんでも、上にのっても楽しめる、ペット専用の小さなこたつ。赤外線ランプ不使用で目にも安心、人間用のこたつのようにもわっとした熱さもありません。
・サイズ:33×45×30cm
・重量:2400g

人間コタツでは、時々、脱水症状では?と思える様子で、出てきていたので、心配しながらの(人間コタツ)使用でした。
どうしても、寒くなると、猫用の暖房がいるので、これで外出時も安心してコタツを点けて出かけられます。

天然素材にこだわったコタツ職人が作った、完全ハンドメイド、日本製の猫コタツ。底板(猫ちゃんのベッド部分)は桐を使用。無塗装で安心。天板のみ塗装。脚は麻ヒモを巻いて爪研ぎが可能。
・サイズ:34×34×32cm
・重量:4000g

こたつ以外にも温まるアイテムたち

ペット用の暖房器具としてオススメのペット専用カーペット。ずっと設定の温度を保ってホカホカ、小さなペットの体を温めて凍傷や風邪を防止できる猫ホットマット。

寒さ対策でウチのニャンコの為にに購入しました!温度調節が7段階もある上に液晶表示なので温度が分かりやすくて便利です。 安全機能付きで安心して24時間付けっ放しにしています。 いつもこのマットの上に乗っています。

猫ベッド本体は水洗い可能なので、汚れたら綺麗に洗濯できます。(手洗いでおすすめいたします。)いつでも清潔に保てることで、ペットも快適に過ごすことができます。

猫ベッドを買ってから、猫ちゃんはベッドから離れなくなっちゃったんですね。一日中ベッドの中😃😃

まるいところが大好きな愛猫の習性に合わせたまるいヒーター付きベッド。 座面直径約30cm。まるくなるのにピッタリなサイズ。こんもりと周りをフェイクファーで囲んだ豪華なベッド。座面にはクッション材内臓。

ポカポカ温かくてうちのニャンコも大好きです。 周りのフワフワの部分が頭を置くのにもちょうど良いみたいです🎵 購入して大正解でした!

猫にコタツは必需品

コタツに入っている猫

出典:hiveminer.com

コタツといえば猫のイメージがある方も多いのではないでしょうか。猫用のコタツはやはり安全面や使い勝手の面でもとても猫にうれしいものです。
猫を飼っている方はぜひ、飼い猫のためにも寒さをしのぐコタツの利用を考えてみてください。