猫のキャリー特集!オススメキャリーと選び方のポイント

猫のキャリーバッグ
Pocket

猫用キャリーの種類

プラスチック

プラスチック製の大きな利点は、丈夫で頑丈という点で、空輸の際にも使用されます。
キャリーの中で排泄されても掃除をしやすいのも特徴です。

布バッグ

布製は素材が柔らかいので、キャリーバッグが多少揺れても猫を傷つけにくいということと、軽いという特徴があります。しかし、布製は排せつ物などをした後の掃除はしにくいというデメリットもあります。

カート式

大きな猫や体重の重い猫を運ぶのに、カート式だと楽に移動できます。

猫用キャリーの選び方ポイント

猫の体重・サイズにあったもの

大抵のキャリーは耐久重量が5㎏を想定して作られていますから、大型の猫やメタボ猫の場合耐久重量のあるものを選びましょう。
猫は狭い空間が好きですから、大きすぎるよりもぴったり入るサイズがベストです。

耐久性

作りが雑であったり、安価な材料で作られたキャリーは運んでいる時に、留め金が外れたり、猫がかじったり、暴れたりして壊れたりすることがあります。そうなると猫がけがをしたり、飛び出して逃げてしまったりすることもあるので、製造会社が信頼できるか、素材は丈夫かなどチェックしてください。

底が丈夫なもの

底が柔らかいと猫は落ち着かず、ストレスを感じます。足がしっかり底につくような丈夫なものがよいですね。

上部開閉タイプ

キャリーに慣れていない猫は前方の扉から入ってくれないことがありますが、上部が開くタイプだと抱っこして入れることができます。

普段からバッグに慣らしておく

キャリーの猫

キャリーに入れられると病院や嫌なところへ連れて行かれると思うとキャリーに入るのを嫌がるようになるので、普段から部屋の片隅に置いて、扉を開けっ放しにし、猫が自由には入れるように、抵抗感をなくしておくこともできるでしょう。
キャリーの中におやつやおもちゃを入れたりして慣れさせることもできるかもしれません。
キャリーに入れて、楽しい場所に連れて行来ましょう。キャリーに入ると楽しいことがあると思うようになれば、お互いのためになります。

嫌がる場合は洗濯ネット

猫が嫌がってキャリーに入ってくれない時に大活躍するのが「洗濯ネット」です。猫は狭いところが落ち着く性質があるのと、洗濯ネットの柔らかい素材なのも猫と相性が良いようです。通気性も抜群なので安心して使うことができます。

オススメの猫用キャリー

2ドアタイプの丈夫な作りが自慢のキャリーです。
ベストセラー商品です。

軽くてかわいいキャリーですが、通気性にも優れ、メッシュになった扉が2つあります。
ポケットがついているので、小物も入れることができます。

なんと!カート、ドライブキャリー、キャリー、キャリングカートの4通りの使い方ができるカートです。どこに行く時にでも重宝しそうですね。